中川翔子の父親・勝彦がイケメンだけど白血病?天国からのメール?

中川翔子 父親 勝彦 イケメン未分類

今回は中川翔子の父親がイケメンな件、白血病について紹介します。

スポンサーリンク

中川翔子の父親がイケメン!職業は歌手

 

この投稿をInstagramで見る

 

中川翔子(@shoko55mmts)がシェアした投稿

俳優・タレント・歌手として活躍中の、中川翔子の父親は中川勝彦。

1962年生まれの中川勝彦は、会社社長の親の元、長男として東京で生まれました。

慶應高校から慶應大学に進学した中川勝彦は、当時流行のロックにのめり込みます。

中川勝彦は、NHKの「ヤングミュージックフェスティバル」に出場。

ビジュアル系のルックスが注目され、これがデビューのきっかけになりました。

ビジュアル系ミュージッシャンとして活動していた中川勝彦は、後に大学を中退。

1981年、角川映画の「ねらわれた学園」の端役として芸能界デビュー。

1984年には、ワーナーよりシングル・アルバム「してみたい」で歌手デビューしました。

中川勝彦は俳優、歌手として人気者になった1985年、中川翔子が生まれました。

中川翔子の父、中川勝彦はシングル10枚、アルバム11枚発表しています。

スポンサーリンク

中川翔子の父親は白血病?

 

この投稿をInstagramで見る

 

中川翔子(@shoko55mmts)がシェアした投稿

歌手・俳優として活躍していた中川勝彦は、1992年に急性骨髄性白血病を発症。

三十路を迎え、これからという時の病魔でした。

今では考えずらいですが、中川勝彦も事務所も結婚生活同様、病気を伏せていました。

1994年、中川勝彦は32歳の若さでこの世を去りましたが、それは突然の訃報。

芸能界の関係各位、誰も中川勝彦の病気を知らなかったからでした。

そんな中川勝彦の名前が再び脚光を浴びたのは、娘の中川翔子が有名になってから。

中川勝彦が結婚していて娘がいた事は、かつてのファンも、この時初めて知りました。

スポンサーリンク

中川翔子に父親からメールが来た?

 

この投稿をInstagramで見る

 

中川翔子(@shoko55mmts)がシェアした投稿

中川翔子の父親、中川勝彦は怪獣やオカルト系が大好きだったそうです。

ゲゲゲの鬼太郎や楳図かずおの作品を読まないと、ちゃんとした大人になれないぞ

中川勝彦はこう言って、幼い中川翔子にこれらの漫画を買い与えたそう。

中川翔子が怪奇・オカルトもの好きは、父親、中川勝彦の影響そのものです。

中川勝彦の死去数ヶ月後、9歳のそんな中川翔子に不思議な現象が起きます。

メールソフトを何気なく開いてみると、下書きに1件メールが入っていたそうです。

本文無しのメールの件名はkatsuhiko、宛先はnakagawakatsuhiko。

作成された日付は7月20日、中川 勝彦の誕生日でした。

スポンサーリンク

中川翔子と父親のエピソード

 

この投稿をInstagramで見る

 

中川翔子(@shoko55mmts)がシェアした投稿

中川翔子は、週刊朝日で幼少時の思い出を、家は基本、母と祖母と私の三人暮らし。

父はときどきふらりと遊びに来るという感じでした」と述べています。

中川勝彦は今でいう「イケメン」でしたので、家にはあまりいなかったようです。

中川翔子が9歳の時、中川勝彦は他界。

そういう家庭環境だったので、中川翔子は父親との直接の思い出は少ないようです。

そんな中川翔子ですが、中川勝彦が家で絵本を書いていたのが印象深いそう。

その海と空の青がすごく美しくて、子ども心になんて綺麗なんだろうと思った

幼い中川翔子がそう思った、中川勝彦の絵本は復刻されています。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.