二宮和也の病気や怪我の噂まとめ!病気エピソードが衝撃!

今回は、二宮和也の病気の噂についてまとめます。

国民的アイドルグループである「嵐」に所属しバラエティー番組やドラマ、映画でも活躍している二宮和也。

調べてみると、色々な病気の噂がありました。

二宮和也は腰の病気?腰痛・坐骨神経痛の噂

ジャニーズJr.時代にバク宙の練習をして腰を痛めてしまい、坐骨神経痛になってしまったという二宮和也。

以前、女性ファッション誌『MORE』のインタビューで本人が話していました。

年々酷くなっているそうで、コンサートや映画の撮影でも痛み止めの注射を打って臨むこともあるんだとか。

ひどい時は自分で靴紐も結べないくらいの痛みに耐えながら撮影をしているので、バラエティー番組ではこっそり椅子に座布団を敷いたりして痛みに耐えているようです。

2009年の「FNS歌謡祭」では座席につきながら杖をついている姿もテレビに映っていました。

治るものではないらしいので、今後も症状と付き合いながら仕事をしていかないといけないみたいです。

バラエティー番組などで体をつかう競技もありますし、無理しない程度に続けてほしいと思います。これ以上悪化しないといいですね。

二宮和也は耳の病気?

2019年2月、米ロサンゼルスの「グラミー賞」授賞式を終え、日本に帰国した二宮和也。

めまいや耳鳴り、吐き気を訴えて緊急で病院へ向かったそうなんです。

大音量で音を聞く機会が多いからか「突発性難聴」になる歌手の方は多いですよね。

ジャニーズの先輩であるKinki Kids堂本光一もこの病気に悩まされていたみたいです。

検査の末、深刻な状況ではなかったそうで一安心ですね。

二宮和也は幼少期に病気にかかっていた?

幼少期の病気については、先ほど紹介した「坐骨神経痛」であることしかわかりませんでした。

しかし実は左手を骨折したことがあるそうで、左手の握力が出ないみたいですね。

左利きなのですが、力仕事は右手でやっているそうです。

またKAT-TUNのファンにナイフで切り付けられたこともあるとのことで、気を付けてもらいたいですね。

二宮和也は筋肉の病気?サルコペニア?


サルコペニアとは、疾患や年齢を重ねることによって筋肉量が減少してしまい、握力や体感などの前身の筋肉が低下することを言います。

歩くスピードが遅くなったり、杖や手すりがないと歩けなかったりするそうです。

まだ30代の二宮和也。ダンスしている分一般の方より運動量もありますし、身体を鍛えているジャニーズですから、筋肉もありそうですよね。

しかし、以前人間ドックを受診した際、筋力がとても落ちていたんだそうです。

数値でいうと老人並みの筋力しかなかったそうで、メンバーもスタッフもびっくりだったのだとか。

ゲームが趣味でオフの日は部屋から動かないことでも知られていますので、もしかしたら意外と運動量が足りないのかもしれませんね。

二宮和也は怪我しまくり?捻挫ぐせの噂

この投稿をInstagramで見る

ゆいさん(@ninoyui5)がシェアした投稿


2018年4月に放送された「ぴったんこカンカン」で、大好きなゲームについて話した二宮和也。

休みの日だと10時から24時まで1日14時間もゲームをすることもあると言い、司会である安住紳一郎アナウンサーをびっくりさせました。

ある日、足が痛くなり立ち上がれなくなってしまい、痛いから寝よう、と寝ることに。

しかし翌日起きても痛みが治まらず、病院で診察を受けるとなんと捻挫していたそうなんです!

ずっと同じ態勢をとっていたことで、じっくり14時間かけて捻挫してしまったというから驚きですよね。

個人的には、座っているだけで捻挫をすることもあるんだと勉強になりました。

二宮和也は肉離れを起こしていた?

2012年、映画で走るシーンの撮影をしていて軽い肉離れになってしまったそう。

しかし、フジテレビの音楽番組「HEY!HEY!HEY!」のリハーサル中に本格的な肉離れを起こしてしまったんです。

番組協力に参加した方の話だと、リーダーの大野智に腰を支えられてステージ登場した二宮和也。

新曲を披露すると、今度は松本潤に支えられて裏へはけていったそうです。

その後、もう一度登場して番組協力に参加してくれたファンのためにもう一曲歌い、足を引きずりながらも笑顔で手を振りながら帰っていったとのこと。

これがファンの中で話題となり、心配の声が広がりました。

しかし、放送をみると肉離れをしていたとは思えない完璧なパフォーマンスだったようです。

さすが国民的アイドル「嵐」。

プロですね~!

二宮和也は脳機能障害の疑いあり?

フジテレビで放送されている「ホンマでっかTV」に出演した際に「自分に興味がない」ことを相談しました。

内容は「髪を切るのも役作りのときのみ、服は5年くらい新しいものを買っていない、好きな食べ物がない、風邪をひかない、というか引いているかもわからない」というもの。

この相談に、脳科学者の澤口俊之教授は「セルフネグレクト」の可能性を指摘しました。

高齢者に多い病気で、全くお風呂に入らなかったり、家をゴミ屋敷にしてしまった、自分で自分をネグレクトしてしまうという精神疾患なんだそう。

澤口俊之教授は「普段みている分には大丈夫そうだが、脳機能障害や脳のダメージの可能性もある」とも指摘しました。

大丈夫そうとのことですが、脳機能障害の疑いと言われるとドキッとしてしまいますよね。

二宮和也はリンパ管炎?


2004年にリンパ管炎になっていたようです。

最近がリンパ管内に入り炎症を起こす病気で、リンパ節の首やわきの下、足の付け根などが痛むそうです。

この年はライブツアーに加え、ドラマ「南くんの恋人」で主演を務めたり24時間テレビのチャリティーパーソナリティーに抜擢されたりと、

いつもに増して多忙だったことで発症してしまったみたいですね。

入院先の病院から直接コンサート会場である「横浜アリーナ」に駆け付けたこともあったようです。

忙しいと免疫が下がって体調を崩しやすいので、今後も注意してほしいですね。

二宮和也はゲーム障害?

 

先ほども紹介した「ホンマでっかTV」で「自分に興味がない」という相談。

実はまだ続きがありました。

統合医療評論家の亀井眞樹からは「まわりに対して執着がないのでは?」と指摘されました。

唯一の執着が「ゲーム」であることを聞くと、澤口俊之は「脳が老化している証拠」と指摘されました。

実際、撮影の合間や待ち時間もずっとゲームをしているそうなので「ゲーム依存症」なのかもしれませんね。

二宮和也に病気の噂が出たのはタバコのせい?


Twitterで、とあるファンが、

最近、声の枯れや頬のコケ、外見の劣化や虚ろな雰囲気になった。これは喫煙者にみられる癌の進行状況なのではないか。二宮和也に禁煙をしてもらおう

という内容のツイートをしました。

実際のところ、撮影中の映画「暗殺教室」のために身体を絞っていたみたいなので癌でもなく、体調が悪かったわけでもないようです。ファンの暴走だったみたいですね。

とは言え、歌を歌う仕事をしている歌手にとってやはりタバコはよくないものですよね。

吸いすぎには注意してもらいたいと思います。

 

いかがだったでしょうか。

今回は二宮和也の病気の噂についてまとめました。

多忙なことで起こる症状や、ジャニーズJr.時代からの持病など色々な症状と戦いながら仕事を続けている二宮和也。そのプロ根性には頭が下がりますね!

2020年で嵐としての活動が一旦休止となる嵐。それまではかなり多忙な生活が続くことが予想されます。

これからも無理することなく、活躍してほしいですね!

コメントを残す