剛力彩芽の枕営業疑惑!彼氏が前澤友作の理由は?

今回は剛力彩芽の枕営業について調べてみました。

剛力彩芽のプロフィール

 

View this post on Instagram

 

剛力彩芽さん(@ayame_goriki_official)がシェアした投稿

  • 生年月日:1992年8月27日
  • 出身地:神奈川県
  • 身長:162㎝
  • 血液型:O型
  • 事務所:オスカープロモーション

剛力彩芽は枕営業してる?

 

View this post on Instagram

 

剛力彩芽さん(@ayame_goriki_official)がシェアした投稿

現在はZOZOTOWNの前澤勇作社長と交際する剛力彩芽ですが、一時期は多くのアンチからゴリ押しと言われ、女優をしても歌手をしても何かと炎上していました。

本人は特に悪い点はなかっただけにかわいそうニャー。

オスカープロモーションからゴリ押しによってメディアにバンバン出ていましたが、

剛力彩芽は世間からはウケが悪いようですが、芸能界の重鎮達、特に明石家さんまやビートたけしからはかなり好かれています。

そういえば、剛力彩芽は『アンビリバボー』ではずっとMCをやっているね。

2013年9月25日夜放送のフジテレビ系バラエティ番組「さんまのまんま」スペシャル番組の1シーンだ。

彩芽さんが好きな女性ナンバー1だという司会の明石家さんまさん(58)に至っては、もう「かわいいでしょ」とメロメロな様子だ。

その後、さんまさんと2人だけになった彩芽さんは、お土産にルームウェア用のガウンを持ってきた。彩芽さんが「私もお揃いで」と同じガウンを愛用していることを明かすと、さんまさんは「やっ、どうしよう」と絶句。「似合います」と彩芽さんが相づちを打つと、さんまさんは「優しいねえ」とうれしそうだった。

彩芽さんは前回、手作りのチーズケーキを持ってきたそうだ。さんまさんの誕生日には、お財布を買ってあげたという。さんまさんは、そのときを振り返って、彩芽さんが去り際に3拍置いて、「あっ、言い忘れてました。大好きです!」と言っていたと明かした。さんまさんは、彩芽さんから下の名前で呼ぶように廊下で言われ、人生で初めてそうすることにしたとも言った。

出典:J-castニュースから抜粋

剛力彩芽は芸能界の人たちと仲良くなるのが上手いんだね。

濱松恵が語る芸能界の枕営業

タレントの濱松恵はお笑いトリオ東京03の豊本明長とのLINEが流出し、その後、関わった男性芸能人遍歴を暴露した「暴露系タレント」。

元々は、子役として活動していたので、芸歴は30年以上。

芸能界を知り尽くしています。

濱松恵は芸能界の枕営業について以下のように話しています↓

濱松が自分の体験談として、噂される枕営業について言及した。「みんな噂だと思っているんですけど、実際にある話」と断言し、「私の友達も実際にそれはあって。さすがに未成年のときはないけど、ハタチを超えてくると、テレビ局の方、雑誌社のお偉いさんとかが声をかけてくれる。『今日の接待来ないんだったら、もう仕事あげないよ』とか(言われる)。そういうことが実際にある」と説明した。

立場が弱い女性タレントはその接待に行くのだが、濱松によると、そこで「行くとやっぱり触られるし、もまれるし、キスもされる」のだという。またその様子を「8割の女性が録音している」と濱松は強調した。

女性だけでなく男性にも枕営業はあるとし、「みんなが知っているある俳優さん」(濱松)はテレビ局の女性プロデューサーと関係を持ち、その後、ひっきりなしにドラマや映画に出ているのだという。

芸能界と枕営業は切っても切れない関係ニャー。

剛力彩芽が前田友作を彼氏にしたのは枕営業が嫌だから?

TAKAHIROと結婚した武井咲や山本耕史と結婚した堀北真希は、人気が高かったのにも関わらず、いきなり結婚しています。

武井咲なんて、オスカープロモーションの「25歳までは恋愛禁止」というルールすら破っての結婚だもんね。

普通は、落ち目になって人気も仕事も落ち目になったときに結婚するのが一般的です。

一部の人からは芸能界の枕営業ありきの業務形態が嫌になったからだとも言われています。

剛力彩芽は25歳になり恋愛解禁されてすぐに、前澤友作と交際しています。

自身の人生の何かに嫌気がさしたところに救いの手を差し伸べたのが前澤友作だったのかもしれません。

剛力彩芽が枕営業をしているのか、大手芸能事務所に力でゴリ押しされたのかは分かりませんが、現在も人気はあるようです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

20代。 半生干物女子。 仕事場ではコンタクト、家ではメガネ派。 地味にEカポー。 趣味:読書。ねこいじり。カフェ散策。水族館巡り。御朱印帳集め。 ※最近は御朱印帳集めるのがめんどくさくなってきたのはここだけの話・・