シワシワネームの芸能人名ランキング20選!キラキラネームとは別物?

まとめ記事

親がくれる最初のプレゼントである「名前」。

最近では、当て字のように読めない名前の子どももたくさんいますよね。

 

2019年のキラキラネームランキングでは、

  • 男(あだむ)
  • 心姫(はあと)
  • 紅葉(めいぷる)

など、読もうとしても読めない名前がランクインしていました!

 

キラキラネームは、2010年頃から世間で認知されるようになりました。

最近では、その反対のシワシワネームというものも指摘されるようになっています。

2017年頃から、キラキラネームと対になる形で言われるようになったシワシワネーム。

古風な名前であることを指すんですね!

たとえば、

  • 敏子(としこ)
  • 良男(よしお)
  • 悦子(えつこ)
  • 清(きよし)

など祖父母世代にいてもおかしくない名前ですね!

キラキラネームだけでなく、シワシワネームも今注目されているんです。

スポンサーリンク

シワシワネームとキラキラネームの違いとは?


シワシワネームとキラキラネームの違いをまとめてみましょう。

 

キラキラネームは、

  • 響きがキラキラしている。

例)らぶり、きらり、はぁと など

  • ペットにつけそうな名前である。

例)ここあ、あとむ、りずむ など

  • 漢字が当て字である。

例)星凛であかり、愛瑠(える)など

 

反対に、シワシワネームは、

  • 古風な名前である

例)はなこ、としえ、いちろう、しげる など

  • 祖父母世代にも通用する

例)きみ、よね、さと、いわお など

 

という特徴があるんですね!

 

どちらも就職の際や進学の際に省かれてしまう恐れもあると問題になったことも。

最近では、どこまでがキラキラネームなのか、シワシワネームなのか迷ってしまってなかなか名付けができないという親も多いそうですよ!

しかし、芸能界にはシワシワネームであるからこそ親しみがあり、人気がでる人もいるんですね!

今回は、シワシワネームと言われている芸能人をまとめていきます!

スポンサーリンク

神木隆之介


2歳でCMデビューを果たしてから、人気子役時代を経て俳優よして活躍している神木隆之介。

隆之介という名前は、

元気で活力のある子

思いやりのある子

という意味だそうです。

元々、身体が弱かった為に何か思い出になることをと子役を始めたという神木隆之介。

元気にという親の願いが込められているんですね!

スポンサーリンク

加藤清史郎


トヨタのCM「こども店長」として一躍人気者になった加藤清史郎。

今では立派な青年に成長していますね。

戦国時代の武将のような名前ですが、本名だそうですよ!

かっこいい名前ですね。

スポンサーリンク

門脇麦


ニューヨーク生まれの門脇麦。

いろいろなドラマ、映画、CMで活躍していますよね!

麦は本名で、まっすぐに伸びる麦のようにどこまでもまっすぐ育ってほしい、という願いが込められているそうです。

スポンサーリンク

木村文乃


ドラマやCMで活躍している木村文乃。

有名になったきっかけは、ディズニーのCMでしたね!

文乃という名前は本名で、おばあちゃんになってもかわいく呼ばれるように、との理由でつけられたそうです。

スポンサーリンク

中川大志


若手俳優として絶大な人気を誇る中川大志。

毎日のようにCMで見かけますね!

そんな中川大志も本名だそうで、「少年よ大志を抱け」というクラーク博士の言葉から取ったそうです!

名前の通り、大志を抱いて芸能界でも人気を博していますね!

スポンサーリンク

大原櫻子


女優とミュージシャンとして活躍している大原櫻子。

「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の実写化のヒロインとして5000人の中から選ばれたというスーパーガールなんですね!

父親は声優、ナレーターとしても活躍する林田尚親で、本名は「林田さくらこ」とひらがなだそうです。

お嬢様のようでかわいい名前ですね!

スポンサーリンク

広瀬すず


今や、No.1女優といっても過言ではないほど活躍している広瀬すず。

すずという名前も古風な響きですよね。

本名は、大石鈴華(おおいしすずか)というそうです。

華という字が付くだけで今風な名前になっていますね!

芸能界では古風な響きの方が親しみやすいそうなので、「すず」という名前にしてよかったのかもしれません。

スポンサーリンク

二階堂ふみ


演技派女優として知られる二階堂ふみ。

「ふみ」という名前もかなりシワシワネームですよね。

名前は本名だそうなので、どういう由来でつけられたのかが気になりますね。

ただ、二階堂ふみに慣れすぎてしまって「ふみ」が逆に凛としてかわいい名前として注目されているそうです。

シワシワネームと言われなくなる日もくるかもしれません!

スポンサーリンク

小島藤子


藤子(ふじこ)と読む小島藤子。

「とうこ」ではなく「ふじこ」というところがますますシワシワネームっぽい響きですよね!

おはガールやニコ☆プチ、ラブベリーなどの雑誌でモデルとして活躍していました!

最近では女優として活躍していますね。

藤子という名前は、「藤の花のように美しく」という理由で祖父がつけたそうですよ!

スポンサーリンク

藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)


キスマイの前列として活躍している藤ヶ谷太輔。

ドラマや舞台で主演を張れる演技派ジャニーズです。

「輔」という字がつくとシワシワネーム感が増しますね。

太輔は「たいすけ」と読み、太陽のように周りを明るく照らす人になって欲しいという願いが込められているそうです。

ちなみに藤ヶ谷太輔は3人兄弟で、全員に「輔」がつくんですね。

父親いわく、人助けの「すけ」なんだそうですよ!

スポンサーリンク

大野いと


その透明感で清純派女優として活躍している大野いと。

なかなか古風な名前ですが、本名だそうです。

姉の名前が「縫(ぬい)」というそうで、姉妹が仲良く糸を縫い合わせるようにという願いから「いと」と名付けられたそうですよ!

おしゃれな両親ですね。

スポンサーリンク

筧美和子


テラスハウス出身の女優で、一番ブレイクしたといえる筧美和子。

現在は女優として色々なドラマで活躍していますね。

曾祖母はロシア人なので、16分の一ロシアの地が入っているそうですよ。

スポンサーリンク

黒木華


演技派女優として人気女優の仲間入りを果たした黒木華。

華と書いて「はる」と読むちょっとめずらしい名前ですよね!

古風な顔立ちで、他の女優とは一味違うところも人気の理由かもしれません。

「春のように華やかに生きて欲しい」という願いを込めて両親がつけたそうですよ!

スポンサーリンク

野村周平


中国人とのハーフで、中国語が話せる野村周平。

アメリカにも留学するなど、語学を極めている印象がありますね!

周平という名前は、画数判断で吉数になるように付けてもらったとのこと。

本名なんですね。

中国は吉数など縁起のよいものにこだわるイメージがあるので、こうして人気俳優になれたのかもしれません!

スポンサーリンク

白井健三


3歳から体操を始めたという白井健三。

健三という名前は、ザ・シワシワネームですよね!

2人の兄は勝太郎(しょうたろう)と晃二郎(こうじろう)というそうで、兄弟そろってシワシワネームなんですね。

国際的な場に出ることを見越して、わざとこのような名前をつけたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

杉咲花


ドラマ「夜行観覧車」の荒れた演技がきっかけで一躍人気女優となった杉咲花。

人気ドラマシリーズ「花より男子」の新シリーズ「花のち晴れで」でヒロインを演じた姿は記憶に新しいですね!

本名は、梶浦花というそうです。花という名前は本名なのですね!

両親は離婚されているようですが、両親ともにミュージシャンだそうですよ。

スポンサーリンク

坂口健太郎


薄顔イケメンの代表と言えば坂口健太郎ですよね!

小顔で高身長、スタイル抜群である彼は俳優としても活躍しています。

その薄い顔立ちから、韓国人?などと言われることもあるそうですが、生粋の日本人だそうです。

健太郎という名前も本名だそうですよ!

スポンサーリンク

小島瑠璃子


バラエティー番組の新女王ともいわれる小島瑠璃子。

天性の明るさと、頭の良さでひな壇からMCの補佐まで色々なジャンルで活躍していますね!

偏差値70超えの高校出身で、英語も話せるという才女っぷりもなかなかです。

瑠璃子という名前は、昭和感が漂うシワシワネームですが今をときめく小島瑠璃子だと思うと、今風なかわいい名前に思えてきますね。

瑠璃という漢字には「宝物」という意味もあるそうなので、そういった意味が込められているのかもしれません!

スポンサーリンク

宮田俊哉(Kis-My-Ft2)


藤ヶ谷太輔に続き、キスマイから宮田俊哉も選ばれました。

キスマイはシワシワネームが多いのでしょうか?

俊哉という名前の由来はわからなかったのですが、両親が男の子ができたら「俊哉」にしよう!と決めていたそうです。

宮田俊哉は姉がいますが、宮田家初の男の子だったために「俊哉」と名付けられたんですね!

スポンサーリンク

前田敦子(元AKB48)


AKB48の初期メンバーとして、絶大なる人気を誇っていた前田敦子。

そんな彼女も結婚をして母になり、女優業も再開して順風満帆なイメージですね!

「敦子」という名前は昭和感のあるバリバリなシワシワネームですが、AKB48のファンの年齢を考えると、親近感のある名前であるともいえるかもしれません。

前田敦子はキリストを超えたというキャッチコピーも流行ったくらいなので、親近感が沸くというところも人気が出た理由かもしれませんね!

 

こうしてみてみると、シワシワネームでも芸能界で活躍している人はたくさんいましたね!

むしろ、キラキラネームの芸能人ってあまり知らないかもしれません。

有名になるには、耳馴染みの良い名前だったり、親しみやすい名前の方が良いのかもしれませんね!

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.