竹内由恵の英語力・発音がネイティブ級で出身大学は慶応法学部!

今回は竹内由恵の英語力や発音について調べてみました。

竹内由恵のプロフィール

  • 本名:竹内 由恵(たけうち よしえ)
  • 愛称:よっしー、たけうっち
  • 出身地:東京都
  • 生年月日:1986年1月20日
  • 活動期間:2008年-

竹内由恵の英語力

 

View this post on Instagram

 

竹内由恵(公式)さん(@yoshie0takeuchi)がシェアした投稿

竹内由恵は父親の仕事の都合により、小学生の時から海外生活をしていました。

住んでいた国は、アメリカ、スイス、イギリスです。

バラエティに富んでいますね。

この3か国に住んだ人って日本にどれくらいいるのでしょうか?

相当少なそうです。

帰国子女の竹内由恵は大学時代には、家庭教師のアルバイトで英語を教えていたようです。

オリンピックなどの国際大会でも英語インタビューをしていたことがあるりますし、英語検定1級も取得しているので、英語力は相当高いといっていいでしょう。

竹内由恵の英語の発音

 

View this post on Instagram

 

竹内由恵(公式)さん(@yoshie0takeuchi)がシェアした投稿

竹内由恵の英語の発音について調べてみました。

竹内由恵の英語の発音は外国人へのインタビュー、海外リポートなどで聞くことができます。

子供時代、海外で過ごしたこともあり、日本語訛りのない流ちょうな英語を話しています。

竹内由恵の英語勉強法

「竹内由恵」の画像検索結果

竹内由恵が英語を習得できた理由について調べてみました。

竹内由恵は主に以下の3つで英語を勉強してきました。

  • 海外生活
  • 海外旅行
  • 映画鑑賞

竹内由恵は幼少期に海外生活

 

View this post on Instagram

 

竹内由恵(公式)さん(@yoshie0takeuchi)がシェアした投稿

竹内由恵は小学校4年生から中学3年生までアメリカ、スイス、イギリスに住んでいました。

約5年間海外生活をしていたことが分かりますね。

アメリカ、スイス、イギリスの3か国はいずれも英語圏です。

竹内由恵の英語力が身についた一番の理由が海外生活であるの間違いないですね。

映画や海外旅行で英語の勉強

 

View this post on Instagram

 

竹内由恵(公式)さん(@yoshie0takeuchi)がシェアした投稿

竹内由恵の趣味は映画鑑賞と一人旅です。

映画鑑賞は洋画も観るそうです。

子供時代も字幕なしで洋画を観ていたことでしょう。

英語は使わないと衰えるので、現在も洋画で英語を勉強しているかもしれませんね。

また、一人旅は大学生の頃からしていたようです。

現在も一人旅を趣味として続けており、2014年10月14日の自身のブログでフランス旅行に行きパリで3泊、ボルドーで一泊したことを話しています。

「ボルドー フランス」の画像検索結果

この時の旅の目的はフランスの友達と会うことと話しているので、外国人の交友関係もあることが垣間見られますね。

友達と会うこと以外に、サッカー観戦も旅の目的としていたようで、サッカースタジアムで撮った写真もブログに掲載しています。

「竹内由恵 サッカ」の画像検索結果

サッカーの試合観戦中には、多くの人から「どこから来たの?」「一人なの?」と声をかけられたようです。

おそらく男性から声をかけられたんだろうね。

竹内由恵は美人ということもあって、外国人の男性からも声をかけられるようです。

それも竹内由恵の高い英語力が身についた要因でしょうね。

竹内由恵は慶応大学法学部出身

竹内由恵は東京学芸大学教育学部附属高等学校を卒業後、慶応大学法学部に進学しています。

住所「〒108-8345 東京都港区三田2丁目15−45」

慶応大学は難関私立大学だけど、その中でも法学部は難関だね。
竹内由恵の大学時代所属していたサークルは以下の3つだよ。。
  • テニスサークル
  • ジャズギターサークル
  • ボクシング部マネージャー

大学1年生の時にはテニスサークル、ジャズギターサークルに所属しています。

大学2年生の時にはボクシング部のマネージャーとして入部しています。

大学在籍中の2006年には「ミス慶應」に選出されています。

今後も竹内由恵の英語を聞くのが楽しみです。

それではHave a nice day!!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

20代。 半生干物女子。 仕事場ではコンタクト、家ではメガネ派。 地味にEカポー。 趣味:読書。ねこいじり。カフェ散策。水族館巡り。御朱印帳集め。 ※最近は御朱印帳集めるのがめんどくさくなってきたのはここだけの話・・